シストレ24の「シストレ」って?

シストレとは シストレ24の名前にもある「シストレ」というのは投資に興味のない人にはあまりなじみのない言葉だと思います。

「シストレ」というのは「システムトレード」の略で、自分で手動で取引するのを「裁量トレード」というのに対して、設定したルールに従ってシステムに自動で取引させることを「システムトレード」と言います。

少し前まではシステムトレードというと「自分でプログラムを組む」か「高額なプログラムを購入したり月額使用料を払う」というプロ向けのツールでしたが、FX会社同士の競争が進んで手軽にシステムトレードができるサービスがあるところも増えてきました。

インヴァスト証券の「シストレ24」はその中でも「無料」で「500種類以上のストラテジーが使える」ということで、シストレをするにはかなり良い環境を提供するサービスになっています。

システムトレードというと日本では「メタトレーダー4(MT4)」が有名ですが、シストレ24では世界的に信頼度が高い「ミラートレーダー」というシステムを採用。

「メタトレーダー」は使い方が難しい部分も多いですが、シストレ24の「ミラートレーダー」は好きなストラテジーを選んで取引開始をするだけですぐに使うことができるので、高度な特殊技術や知識などは必要ありません。

シストレが優れている理由

シストレのメリット シストレが優れている理由として「仕事や予定などで取引ができなくてもシステムが自動で取引してくれる」ということがありますが、本当のメリットは「取引に感情が入らない」ことだと思います。

FXを初めて取引する人は、自分で手動で売買する「裁量トレード」からスタートするのがふつうです。

「今は円高だからここで買っておけばいつか上がるだろう」という感じでFXを始めます。

相場というのは上がるか下がるかしかないので、もちろんそれでも儲けられる人がいるのも確かです。

でもそれはあくまで「まぐれ」。初めは勝っていても適当に裁量でトレードする人のほとんどは「最後は結局負けてしまう」というのがだいたいのパターンです。これではギャンブルと変わりません。

そこで書籍などに手を伸ばしてみると、「一定のルールで取引しよう」ということがほとんどの書籍に書いてあります。

ところがそれは本当に難しいんです。

どんなに良いルールを考えても実際のお金がかかっているので、ほとんどの人が最後に「感情」がトレードのルールを崩して取引のタイミングを逃してしまいます。

どれだけ一時的にプラスになっていても、取引のタイミングを間違うだけでマイナスになってしまうのが投資の世界なので「感情」というのは本当にやっかいです。

裁量トレードで大きな利益を上げている人も「感情」をコントロールすることについてはかなり気をつかっているのがブログや書籍などから分かります。

システムトレードは、ある一定のルール(ストラテジー)を選んだらあとはシステムがそれに従ってトレードするだけなので感情が入るすきがありません。

「ルールに従って感情を入れずに取引する」という投資の鉄則を実行できるシストレはそれだけで優れていると言うことができると思います。

シストレは「投資」向き

FXというと「何億円稼いだ」などのギャンブル的というか投機的なイメージが先行しますが、シストレは長期の視野に立ってする「投資」に向いています。

ギャンブル的な感覚で短気で一気に稼ぎたいという人にはシストレは向いていません。

もちろんそういったストラテジーもあるのですが、一気に稼げるということは一気に負けるということもあるということになります。

シストレというのはルールに従って何度も売買して、さらにいろいろなストラテジーを組み合わせてリスクもヘッジして、結果プラスにしようというものですので危険性が高い「投機」ではなく、安定した「投資」目的でする方が結果が出やすい傾向があります。

「裁量トレード」というのも楽しいものですが、堅実な「シストレ」というのは地味でも「投資」をする目的を達成するために良い選択になると思います。

限定キャッシュバックページ
≫「シストレ24」当サイト限定タイアップキャンペーンの解説はこちら

このページの先頭へ